in ,

世界一運がいい男の人生がまるで「作り話」の域


 

運がいい。自分のことをそう思える人は、世界でもほんの一握りではないでしょうか。ニュースを見ても気の滅入る話ばかりで「運がいい」と思いたくても難しい毎日かもしれません。ただ一つ言えることがあります。この世の中には、とんでもなく運のいい人がいるのです。それも、あまりにも色々とありすぎて、世界の残りの人類から運を吸い取っているかのよう。

その運のいい人とは、フレーン・セラックさん。クロアチア人の男性で、もともと音楽の先生をしていました。どこからどう見ても、普通の男性。そんな彼の人生を知れば、あなたも必ず、この人こそが間違いなく世界一のラッキーな男だ…と確信するはずです。

 

_

Précédent1 of 5